忍者ブログ

[PR]

2017年08月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

圧迫面接 対処策 ⑥

2012年06月25日
圧迫面接でされる質問は、やはり、厳しいもの・・・

今まであげていないものを、まとめてみました

・字が汚いですね
・趣味が単純なものばかりで個性が感じられない
・営業希望ですが営業職より、事務の方が向いていると思いますよ(逆もありえます)
・『誰とでも仲良くなれる』と言っていましたが、そういう方は、付き合いが浅いんですよね
・新卒で、夢と希望があるようですが、現実はそうではありませんよ

などなど・・・こうしてあげてみても、やはり、厳しいものばかり

一問、二問だけの企業もあれば、徹底的に追い込むように質問してくる企業もあります

どこまで耐え、冷静に返答するのか・・・それを見たい企業があるという事です

しかし、ここで再三お話したように、冷静に反応し、返答することが大事です

冷静さを失うことは、先方の策略にはまってしまっているのです
それでは、せっかくのチャンスを失うようなものです

否定された事を肯定できないようなら、開き直る事もひとつの手です

上記例に挙げた『字が汚い』の場合・・・
『精一杯気持ちを込めた書いたのですが・・・読みづらいものに目を通して頂きありがとうございます』

開き直る場合は、話方が大事になるので気をつけましょう
上記の例は、言い方を間違えると皮肉にしか聞こえません
PR