忍者ブログ

[PR]

2017年11月25日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

面接官のお話(スキルチェック)

2012年03月26日
久々に、叔母である元面接官にお会いして、お話してきました

『ここ最近は、実務的なスキルや、スキルチェックについての記事が多いので・・・』そのことを伝えると
自身が勤めていた企業のスキルチェックとその時の様子を聞かせてくれました


では、そのお話を

叔母の勤めていた企業では、パソコンを使っての書類作成、資料作成、報告書作成など
作業のほとんどをPCを使って行う企業だったので、
面接時には、必ずPC(word、excel)のスキルチェックを行っていたそうです


内容としては・・・
タイピングテストがあり、これは、10分以内に長文を打ち込むチェック
次にテンキーの数字の羅列を2分間で打ち込むチェック
最後にexcelで、指定した欄の結合や塗りつぶしを出来るかのチェック


これは、最低限の事務経験、経理経験があれば、ほとんど完璧に出来るチェックのようです

しかし、出来ない方、おられるそうです

でも、履歴書にはちゃんと『実務経験あり』と書いてあるそうです
そう書いてあって、スキルチェックの結果次第では、面接官は『嘘』と判断するしかなくなってしまうようです

予め『未経験者』である場合は、スキルチェックをパスするかどうかを面接官が判断する場合もあるそうです

叔母の話から、わかったことはスキルに偽りは通用しないということです

PR

面接時のスキルチェック 余談

2012年02月07日

さてさて、ここまで、いくつかスキルチェックについてお話しました 
 
で、今回は、どのようなお話を・・・とも思い色々、調べると・・・ 
      
 
パソコンスキルをインターネット上で、無料でチェックできるものを発見 
  
もちろん、ソフトなども販売されていますが
無料でどの程度か位わかれば、
これからどのようにスキルアップをすればよいかを知る事が出来ます 
  
 
パソコンスキルと一言に言っても、パソコンの使い道はほぼ無限・・・ 
 
ならどう言ったものなのか・・・ 
  
簡単には、3つ・・・
【word】【excel】【タイピング】です 
 
企業などで行われるスキルチェックもこう言ったものです 
  
 
主にこの3つのスキルをチェックし、採点やアドバイスをしてくれるサイトがあります 
  
採点だけでなくアドバイスもしてくれるので、より向上出来ますね 
  
この採点やアドバイスを切欠に、資格取得や独学で【word・excel】を
学んだり、ひたすらタイプしてタイピングになれるなど方法が見えてきます 
 
 
このスキルチェックの他の使い道としては、
実際の面接時のスキルチェックの予行練習として活用する事もできます 
  
 
なれておけば、実際の緊張なども落ち着き、
当日、ミスなどが無く行う事が出来るようにもなります 
 
自分のなりに活用しましょう 
  
 

面接時のスキルチェック 種類③

2012年02月04日

 
面接時のスキルチェック・・・まだあります 
  
(全ての企業では無い事、一部企業が行うケース、これらである事を予めご理解ください)
 
 
前回の学力チェックに少し補足ですが・・・
この学力チェックには、算数(数学)が含まれます
 
特に、会計事務関係のお仕事では行われる事の多いスキルチェックです 
  
 
では、今回は・・・
間違い探し・・・と言っても、あのよく知られている絵を比較するものも
稀に行われますが、大体は数字・英語の羅列を比較・照合し違いを見つけるが多いです 
 
先にあげた、絵を比較する間違い探しは、雑誌や写真関係の仕事で行われます 
 
このチェックは、一般のスキルチェックを行う企業では行われる事があるので
視力の悪い人はメガネを忘れないようにしましょう 
 
 
次にお話するスキルチェックは・・・
【社会人適正マナーチェック】
これは、簡単に説明すれば『心理テスト』です 
質問に対し、選択肢または【YESorNO】で答えるだけです 
 
この答えによって、性格・常識などが導き出されます 
  
単純に答える事が一番です 
難しく考えるては、正しい結果がでないので 
 
これは、あくまで一つの参考資料ですし
時間も短いので難しく考えると、全てに答える事が出来なくなるので気をつけましょう 
  
 

面接スキルチェック 種類②

2012年01月31日
面接時に行うスキルチェックは、企業・希望する職種によって違いがありますが
最近では、漢字など学力のスキルチェックを行うケースもあるそうです!(^^)!
 
もちろん、さほど難易度の高いものではなく、
中学3年生までのレベルのものだそうです!(^^)!
 
これは、学力はもちろんですが、冷静さや国語などから文章能力を判断する
など、様々な要素を含んでいます(●^o^●)
 
一般の企業で行われる事は少なく、珍し方ですが・・・
教育関係、編集者関係では、割りと多いそうです!(^^)!
 
 
なので、そう言った関係の職種を考えている場合は、
このスキルチェックがあるかも知れない事を覚えておきましょう(*^^)v
 
 
次に、接客スキルチェック・・・
そう、これは接客関係、営業関係の職場でよく行われるスキルチェックです(*^^)v
 
面接官や採用担当者を、お客様や取引先、顧客などの設定で
自分のスキルを披露します(^◇^)
 
いわゆる、シュミレーションです(*^_^*)
 
これは、面接官や採用担当者でかなりされるテストですが
スキルにそれなりの自身があれば、大丈夫です(=^・・^=)
 
このように、面接時のスキルチェックは、
一般的なものに加え、企業や職種によって違いがあります($・・)
 
また色々調べて、見つけたらここで紹介させていただきます(●^o^●)
 
 
 

面接スキルチェック 種類①

2012年01月29日
面接時のスキルチェックには、どう言ったものがあるのか・・・?
 
スキルチェックは、もちろん企業・職種によって違いはあります 
  
が、最近、もっとも多いスキルチェックは≪PC≫関連です 
   
方法も様々です 
    
事務関係で多いのは、やはりワードのスキルチェック 
      
wordのスキルチェックは、
あらかじめ用意された文章サンプル【議題案・企画・報告・会議通知など】を
wordを使って仕上げるチェックがあります 
 
タイプの正確さ、タイプの速さなどもチェックします 
  
そして、wordを使いこなして、書類を作成するスキルがあるのか判断されます 
 
 
次にexcelですが、excelと言えば、やはり表やグラフ 
 
これらの資料を、excelを使って正確にできるのか判断します 
  
他にも、電話対応と同時に入力作業などを行う職種の場合は、
口頭で言われる内容を文章にまとめるチェックをするケースもあります 
  
 
では、このPCのスキルはどうすれば??
 
PC関連のスキルチェックはあらかじめ知らされる事が多いので
元々得意な人は、その企業に向けの資料作成を練習・シュミレーションしましょう 
  
苦手は、word・excel関連の本を参考にPCになれる事が大事です 
 
excelはある程度の知識が必要ですがwordは慣れる事が一番です 
 
 

面接時のスキルチェック①

2012年01月28日

さて、面接に大事なスキル
 
今回から実務的なスキルのお話です 
  
『面接時のスキルチェック』
 
就活中で、すでに受けた方もご存じない方も説明します 
   
『スキルチェック』とは、
その名通り、自分の経験を試されます 
 
よく言えば【自分のスキルを実証できる】
悪く言えば【スキルが本物か試される】
 
しかし、企業がそんな腹黒い考えはありません 
 
このチェックの目的は
【どの程度のスキルがあるのか】それを知り、見極める為にあります 
   
【持っている資格が同じ】【学歴レベルも変わらない】 こう言った求職者が
多かった場合、このスキルチェックがある事で、並んでいる採点基準に違いを付ける事ができます 
   
 
いわば、より公平に採用する為にもスキルチェックが必要なのです 
  
全ての企業、面接時ある訳ではありませんが、やはり、最近は増えています 
 
『資格があれば・・・』と言った人が増えている事が理由でしょう 
  
資格があっても、実用的に使っていなくては、なにも意味がないのです 
 
資格だけを見て採用したものの、即戦力にならなくては意味がないのです 
  
 
スキルチェックの内容もさまざまです
 
企業の職種や欲しい人材によっても違いがあるものです 
  
スキルチェックは、ほとんどがあらかじめ知らされますが、事前知らせがないケースもあります 
 
 
 | HOME |