忍者ブログ

[PR]

2017年09月26日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

求めらるスキル【技術職】

2012年03月25日
今の社会には、色々な職業がありますよね

そして、その職の多くのものに隣り合わせてあるのが、手を使ってものを作り出す技術職です

技術職と言う事は、もちろんその技量が大事なスキルです

様々な業界で、この技術職に就くには、それなりのスキル=実務経験が必要なのがほとんど

このスキルが無ければ、技術職の面接は厳しものです

新卒者でも、専門学校やそれぞれにあった資格が無ければ『未経験』では、門はとても狭いでしょう


それだけ、技術職は重要で、ミスが許されないと言っても過言ではない職業です

従って、多くの企業、工場などで、面接時のスキルチェックは欠かせません

工場などであれば、工具を使っての軽作業などをスキルチェックするケースのあるそうです

女性でわかりやすく言えば、ネイルサロンなどの面接では、スキルチェックや検定、資格の修了証のコピーなどの
提出を求めるケースがあります


ネイルサロンなどにようにお客様相手の仕事ともなれば、スキルチェックは必須です
『未経験』や『資格取得中』であれば、スキルチェックはありませんが
前にその職に就いていた場合であれば、多くの場合スキルチェックがあります


それだけ、技術職は重要かつ繊細である事がわかります

スキルチェックを予め知らされている場合は、道具の確認は練習をしておくといいですね





PR

求められるスキル【販売員(バイヤー)】

2012年03月24日
営業、事務、受付・・・

次にお話する『求めらるスキル』は、【販売員(バイヤー)】です

販売員(バイヤー)は、様々なお店、ショップ、車のディーラーなどで仕事をします
主には、高額商品を置いているお店などで、必要とされる人材です

もちろん、仕事はお客様に商品を販売する事です
スーパーやコンビニなど、商品を陳列されていて、お客様自身が目的の商品を購入するだけのお店ならば
販売員(バイヤー)は、必要とは言えません


しかし、カーショップ、ディーラー、家電店、ペットショップなどは、
『欲しい・・・』と思ってきたお客様でも、上手く販売交渉をしないと売上には繋がりません

そこで、必要になって来るのが、【販売員(バイヤー)】になるのです

このスキルに必要になる能力は『会話力』 『傾聴力』 『交渉術』などです
もちろん、扱う商品の知識も必要です

面接で、実際に求めらるスキルが上記のものになるのです

面接中の態度、反応、対応はもちろん、しっかりとチェックされます


スキルチェックテストがある場合は、
面接官などをお客様とした設定で、接客を実演するケースもあるそうです

実際に、販売員としての実務経験がありスキルがあるなら、それを十分にアピールできますが、
【販売員(バイヤー)】には、資格もあります

これも、ポイントにはなるので取得を目指すのもありです



求められるスキル【営業事務(補助)】

2012年03月21日
様々な職種で求められるスキルは様々です

前に【営業】で、求めらるスキルのお話をしました

今回は【営業事務(補助)】です


仕事内容は、本来であれば外回りの営業マンが帰社してから行う事務処理を【営業事務(補助)】を行います

営業マンが外回りの営業に専念できるようにこの仕事があります

【営業事務(補助)】が無ければ、営業マンは外回りどころか、事務処理に追われる時間が増えてしまうのです

【営業事務(補助)】が、行う作業内容は、主に営業報告や営業マンが扱う資料作成、顧客情報などの整理です


これらの作業を行う上で、もっとも求められるスキルは、やはりPCのスキルです

word、excelはもちろん、タイピングの早さと正確さも重要になります

営業マンが外回りを頑張っているのに、事務処理が遅くては仕事が円滑には行きません

場合によっては、急な営業のための資料作成なども指示される事もあるので、速さと正確さは大事なのです

この職務については、面接時のスキル確認、テストはほぼ必須と言えます


資格持ちの、実務経験があれば、なお有利ですね

もちろん『未経験者、歓迎』と言う求人もありますが、
『要資格者』と言うことが引っ付いている事もしばしば・・・

wordやexcelは、独学でも学べる事なので、民間、公的資格があるので取っておくと何かと有利ですよ






求められるスキル【受付業務(企業)】

2012年03月15日
今回は、企業の顔とも言われる【受付】
このお仕事と言えば、やはり女性

受付業務は、一見華やかな仕事と思えわれがちですが、
この仕事に就くのも大変ですし、実際に就いてからも何かと大変です


まずは、受付業務に就く為には、面接力がなにより大事です

ここで、紹介してきた
『傾聴力』=人の話を聞く力
『反応力』=相手の話にしっかりと聞いてる事を表す力
『会話力』=聞き取りやすい声、言葉でしっかりと伝える力

 面接時に必要とされるスキルが多く必要です


受付業務は、他社から来られる営業の方を始め、顧客など数多くのかたに
失礼のないように礼儀正しく、対応しなくてはいけません

これは、面接の時と同じです

なので、面接のスキルが低ければ、面接官は『受付業務は、無理』と判断されてしまいます


しかし、受付では、普通に訪れる方であれば、普通の対応ができますが、
中には、企業への不満などを持って来られる方もおられます

つまりは、クレーマーですね

そんな時に冷静に対応できるかも、受付業務の大事なポイントになってきます

受付業務の面接の場合、この冷静な判断、対応ができるかのスキルチェックを行う大手企業もあるそうです


受付業務には、しっかりとした様々なスキルがあってこそ就けると思って間違いはないと思います







求められるスキル【事務(入力業務)】

2012年03月14日
事務のお仕事で、もっとも多いのは【入力業務】

『事務員、募集』と書いてある場合のほとんどがこう言った業務内容になります


入力業務と一言に言っても、種類はあります

『数字入力』『文章入力』『データ入力』『情報入力』だいたいこんな感じです


数字入力とは、主に会計などを出納を入力します
会計事務のお仕事の一つですね
多くの企業にフォーマットが存在するので、そこに数字を入力する作業になります

文章入力は、手書きの書類、資料などを文章にして、入力します
テープ(ICレコーダー)などの録音した会議内容などを文章にする事もあります

データ入力は、様々データ(売上データ、アンケートデータなど)を
決められたフォーマットに、数字などを入力する作業です


情報入力とは、上記の作業を組み合わせたような作業で
企業、顧客の様々な情報を文章や数字で処理する業務です

この様な『入力業務』で、大事な事は、タイピングの正確さと速さです
この両方のスキルが備わっていると面接で有利です


もちろん、企業によっては面接時のスキルチェックで、タイピングのスキルチェックがあります

タイピングの能力と共に、excelやwordの資格や知識があると、もひとつ有利ですね



求められるスキル【営業業務(IT関係)】

2012年03月13日

面接の場で必要なスキルと、面接時に企業にアピールする実務的なスキル 
 
面接スキルと言ってもこの大きく分けてこの2つに分れます 
   
では、実務的に求めら、面接時にアピールできるスキルを職業別にお話します 
 
 
今回は【営業業務(IT関係)】です 
  
IT関係の営業業務とは、主にパソコン関係、インターネット・プロバイダー関係を
始め、ITに関わる企業、工場などに出向き、商談などをするお仕事です 
 
 
やはり、営業職なので【営業力】は不可欠です 
しかし、企業によっては募集要項に《未経験者歓迎》と書いてある場合もあります 
  
この場合は、面接時の会話力が大切です 
会話力は営業力の糧になるものなので大事なアピールです 
 
 
次に、やはり《IT関係》なので、関連の知識は必要です 
これは、資格としてのスキル、実務経験からのスキル
学生時代のスキル様々なものから成り立つものですね 
 
 
もちろん、これも未経験であっても、実際に働いて、経験する事もできますが、
書類を見てもなかなかの用語が並んでいる事が多いので
用語はそれなりに予習して、面接を希望するのが望ましいです 
 
 
IT関係の企業の場合、パソコンのスキルチェックを行う企業もあります 
 
word、excelのスキルチェックがほとんどのようです 
  
 | HOME |