忍者ブログ

[PR]

2017年09月26日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

面接スキル(準備③)

2011年12月06日
では、今回の面接スキル準備編は・・・
 
スーツと身だしなみの準備です
 
 
まずは、男性・・・ 
スーツは、穴やほつれがないか、ボタンが外れていないか
カッターシャツにシミや汚れがないか・・・等をチェックしましょう  

次に靴ですが、これは、少し面倒ですが履く度に手入れをしておく事が大事です 

汚れや目立つ傷などがないか、あまりにひどい傷がある場合は
買い替えをお薦めします 
 
次に身だしなみ・・・
髪の毛の色は、言うまでも無く黒
 
それから、爪です

男性の爪は、ほどよい短さに手入れされている事が大事です 
 
清潔感ある印象が大切です
 
 
次に女性です 
 
男性と同じく、女性もスーツのチャックから 
ほつれや汚れがないか、ボタンが外れていないか、
ブラウスに化粧汚れ、シミなどがないか・・・ 
 
女性は特に、ブラウスの襟元のファンデーションの汚れ注意しましょう 
そして、ストッキングは新品を用意しましょう 
    
前回履いただけでも、気付かないでデンセンしてしまっていたりします  
 
次にパンプスです
 
パンプスも男性と同じく、汚れや目立つ傷がないかチェックしておきましょう 
女性の身だしなみは、髪の色は出来る限り黒で

 
女性の一番の注意はネイルです 
アートを施したままの爪は厳禁です  落としておきましょう
 
 
男性も、女性も、何事も前もって準備するスキルを身につけましょう
 
 
PR

面接スキル(準備②)

2011年12月04日
面接に大事なスキルの一つに準備があるお話は、前回しましたね
 
 
今回は、実際にどうすればよいのか・・・をお話します 
 
 
準備・・・まずは、持ち物です 
 
面接の持ち物と言えば、やはり履歴書、必要に応じて職務経歴書です 
 
これがなければ、面接をあきらめる他ありません 
 
そんな事にならないように、前日までに履歴書などをしっかりと
用意しておくことが大事なのです 
 
 
ここで、覚えておいて欲しいのが、履歴書を封筒にいれておく時は、
封をするのは、履歴書をしっかり確認してからにしましょう 
 
 
履歴書に書き漏れ、書き間違いがないか・・・
職務経歴に不備がないかしっかり確認しましょう 
 
 
そして、社会人としては、言われていなくても筆記用具は、
必ず持参しておきましょう 
 
面接終了後に、社内案内などがある場合や、単純にメモをするように
言われる事もあります 
 
こんな時に、ないと恥ずかしい思いをしてしまいます 
 
  
最後に、会社・企業から言われてものは、忘れず用意しておきましょう 
 
多いのが、ハンコです 
 
ハンコは、会社・企業によっては、面接時の交通費を支給して
もらえる場合があります 
 
この時、捺印を求められる場合があるので必ず持参しましょう 
 
他にもスリッパや上履きを持参するように言われる場合もありますので
忘れずに

面接に役立つスキル(準備)

2011年12月02日

先日、お話に出来た叔母に
『面接のスキルは、いろいろよ!要は、面接を受けるにあたって大事な事・・・
                   それがスキルよ(=^・^=)』
 
と教えてくれました(●^o^●)
 
そこで、『準備』が大事な事も教わりました(=^・・^=)
 
 
例えば、学生時代にやった時間割・・・
いつしましたか??
 
【前日の帰宅後すぐ】
【前日の就寝前】
【当日の朝起床してから】
【当日の登校直前】
【時間割を良く忘れた】
 
時間割=準備  です(*^^)v
 
この準備が、しっかり出来た人こそ、面接の合格率が高いのです(^◇^)
 
合格率1番は【前日】ですよね☆
次に【当日の朝起床してから】
 
そして、あまり高くないのが【当日の登校直前】【時間割をよく忘れた】
なんですよね(;一_一)
 
では、面接の準備は何があるか・・・
 
まずは、持ち物【履歴書、職務経歴書、筆記用具など】
    希望する企業・会社から言われたもの
 
次に、スーツなどの身につけて行くもの☆
 
次に自分の身なり、特にマニキュアや髪の色は大丈夫かなど(=^・・^=)
 
これらの、準備を怠ってしまい、当日になって慌てる事になってしまって
そこから、事が上手く運ばず、
面接もウダウダになってしまう可能性があります(ToT)/
 
そうなってしまってはせっかくこぎ着けた面接がダメになるだけではなく
社会人としても恥ずかしい結果になってしまいます(T_T)
 
 
また、準備について詳細お話します(*^^)v
 
 
 
 
 
 
 | HOME |