忍者ブログ

[PR]

2017年11月25日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

面接 逆質問対策 ④

2012年07月17日
前回に引き続き・・・『② 熱意、やる気を伝える質問』の質問例のご紹介です



質問例~

⑨ 『よろしければ、配属希望先(配属先)の職場の雰囲気を教えていただけますか?』

⑩ 『御社の商品である□□□の制作に携わると言う事が、私の目標なのですが、これからどのような努力をすれば、
   目標を達成することできると思われますか?』

⑪ 『配属先部署の社員の構成や人数を教えて頂けますか?』

⑫ 『同年代で入社し、その後活躍されている方は、実際どのように活躍されていますか』


この『② 熱意、やる気を伝える質問』のポイントとしては・・・
自身が入社後のイメージを膨らませる質問をする事が面接官に好印象を持たれます


具体的に仕事の内容を聞く事は、やる気の姿勢を見せる事に繋がります

しかし、この逆質問での注意は、会社の内情を探るような質問です
例えば、『海外戦略は?』や『上場予定は?』などこう言った質問は、面接官は警戒します

この他にも、自身が受かった気になったような質問は、避けましょう
例えば、『○○のPRキャンペーンに参加させて頂けますか?』など・・・
これは、自己主張がきつ過ぎます


このように、質問一つで印象はかなり違ってきてしまいます
しっかりと考え失礼の内容な質問を考えましょう











PR