忍者ブログ

[PR]

2017年08月21日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

面接 逆質問対策 ①

2012年06月29日
今も、昔も、面接最後の決まり文句・・・
『最後に、質問があれば・・・』

これは、一昔前であれば『特にありません』で終わっていたのですが、現代ではそうも行きません

最後の最後に、自分のことを印象に残す、あわよくばマイナスに傾いているところをプラスに持っていける可能性もある大事な場面です

なので、この質問には、しっかりと返す事こそが『逆質問』なのです

その場任せで、質問してしまい方法を間違ってしまうとよい印象で面接を終える事ができない可能性もあります

これは、面接対策で必ず、想定しているのが望ましいです


では、どのような対策を取っておけばよいのか・・・

逆質問なので、メインは、質問を考えることです

ここで、ひとつポイントです
最後に好印象を残せるかどうか=自己PRにもなる質問をできるかどうか・・・と言うことです

では、3つポイントに絞ってみましょう

①自身の、強み、長所をアピールする質問
②熱意、やる気を伝える質問
③労働条件、環境などを上手く聞きだす質問


これらのうちから、個人面接の場合は、2つか3つ、合同面接の場合は、もう少し多めに準備しておきましょう

どちらの面接スタイルの場合でも、一つの逆質問に答え終わると『他にはないですか?』と再度聞かれることもあります

この時は・・・極力『以上です。ありがとうございました』と締めくくるがべストです
あまり、ダラダラと引っ張ってしまうと、忙しい面接官の方たちに失礼ので気をつけましょう




PR